ワクワク・ドキドキ、無人島ツアー!

大変申し訳ございません、エンジントラブルの為、只今ご予約不可中です!(2017年3月~4月中旬予定)
無人島ツアーに参加すると、最初にシュノーケリングのポイントに連れて行ってくれる。向かうポイントは、渡嘉志久(とかしく)ビーチ前と呼ばれる、渡嘉敷島の中でも、ウミガメの生息する数少ないポイントだ。まずは、この渡嘉志久ビーチ前でのシュノーケリングになる。渡嘉志久ビーチ前はサンゴはもちろんウミガメの住むポイントで、しばしば、ウミガメに会うことができる。もちろん、ツアーには、ウミガメの行動を把握しているガイドが一緒なので、かなりの高確率でウミガメと出会うことが出来るのである。
また、ウミガメの住んでいるポイントの沖側は、「とかしくビーチ前」と呼ばれるダイビングポイントで、白砂の中にあるサンゴ礁や、熱帯魚達をたっぷりと見ることが出来るのである。

無人島に到着すると、まずはランチタイム!
綺麗な海を見ながらの昼食は、いつもと違った雰囲気と味がするのだ。

昼食が終わると、ガイドが無人島探索へと。潮が引いていれば、まずはリーフトレイルに連れて行ってくれる。リーフトレイルと言うのは、簡単に言うと磯遊びなるものである。潮が引いた磯を歩いて、生物などを観察し、実際に手にとって見る。クネクネと動くウデフリクモヒトデやブヨブヨしたニセクロナマコなど、決して都会では触れることができない生物に触ることだってできるのだ。磯を歩いて行くと小さな洞窟をくぐり抜ける。岩の割れ目の小さい洞窟だが、出口付近にはピョンピョンと跳ねるトビハゼに出会う。さらに進んで行くと星の砂がある浅瀬にたどり着く。ここを超えると約半周、いよいよ山に上がって、ケラマブルーと呼ばれる、今までに見たことのないような碧い海に出会うことが出来るだろう。そんな無人島での小さな冒険は、きっとあなたや家族をロビンソンクルーソーの世界に連れて行ってくれるだろう。

無人島の魅力は陸だけではない。ハナリ島周辺から渡嘉敷島東側にかけての海は国立公園にも指定され、ラムサール条約にも登録されている世界に誇れる海である。海に潜れば、渡嘉志久ビーチ前と同じように、今までに見たことのない、デバスズメダイやアオブダイなどの沖縄独特のカラフルな魚達に出会うことは当然、運がよければ、無人島の前でもウミガメに出会うこともある。ハナリ島前の海はなんと行っても魚の種類や数が多い。阿波連ビーチと違って、人が少ない分魚達が安心しているのだろうか・・・。そんな沖縄独特の魚達の豊富な海を渡嘉志久ビーチ前に続いてシュノーケリングをしてみよう。国立公園に指定され、ラムサール条約にも登録されている海でシュノーケリングしたなんて、きっと自慢の種になるはずだ。

◎ツアー時間:5時間30分(10:30~16:00)

◎高速船の往復(往路が1便・復路が最終便)であれば、日帰りでも参加できます

◎満潮時には岩場や洞窟を通ることが出来ない場合があります。
※半日コース:13:00~16:00(3時間)もあります。お気軽にお問合せ下さい。
半日ツアーは無人島1日ツアーの午後の部分になります(無人島に上陸して無人島探索と無人島前でのシュノーケリング)
ウミガメがご希望で半日の場合は、シュノーケリングツアーにご参加下さい。




★ツアーに参加するときの服装と持ち物
夏季(6~10月)
・水着の上に濡れてもいい、Tシャツ(ラッシュガード等)と短パン(サーフパンツ等)、
日焼けが気になる方は長袖でもOK
・帽子
・マリンブーツやスポーツサンダルなどの滑りにくい履物(ビーチサンダルは不向き)
・着替え、タオル、水着
・飲み物
・1日コースの方はお弁当
・日焼け止め

冬季(11~5月)
・水着の上にウェットスーツ。移動中、上半身はTシャツ等の上にウインドブレーカーを着用
・帽子
・マリンブーツやスポーツサンダルなどの滑りにくい履物(ビーチサンダルは不向き)
・着替え、タオル、水着
・ウインドブレーカー
・飲み物
・1日コースの方はお弁当
・ウインドブレーカーや滑りにくい履物はこちらでもご用意できますが、数に限りがありますのでなるべくは、ご持参下さい。
・ウェットスーツはレンタル可能です。(¥1,000/1着)

★あれば便利もの
紫外線対策用品:帽子、サングラス、日焼け止め
酔い止め薬:酔いやすい方はご用意ください。前日の寝不足や深酒はひかえましょう。
ビニール袋(拾った貝殻などを入れます)
使い捨ての防水カメラ
メガネ着用の方、落下防止用のストラップ(紐など)を付けてください。
コンタクトの方、使い捨てのコンタクトをお勧めします。

アイランズトリップ


〒901-3502
沖縄県島尻郡渡嘉敷村
字阿波連176番地
TEL:098-896-4522
携帯電話:090-3613-5867
MAIL:
islands-trip@oki-tokashiki.jp

ページの先頭へ